ミノキシジルタブレットの副作用

薄毛や脱毛で悩んだ経験がある方ならばきっと1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

飲めば必ず髪が生えてくる最強の育毛剤で、短期間で発毛効果を期待することができる発毛剤ともいわれています。

 

通常の育毛剤や発毛剤は、頭皮などに直接塗るタイプのものが多く知られています。

 

日本では大正製薬が発売しているリアップにもミノキシジル成分が配合されていることで注目を集めました。

 

しかし、頭皮からアプローチしても外的要素に対して抵抗してしまうため効果には個人差がありました。

 

そこで、ミノキシジルタブレットを服用すると体の中からアプローチすることができます。

 

発毛に必要とされる栄養素を血液が頭皮に運ぶことで、確実な発毛につなげることが可能になりました。

 

最近では、抜け毛を防ぐ内服薬として、フィナステリドの成分を含むフィンペシアなどと一緒に服薬する男性も増えています。

 

抜け毛を抑え、発毛を促進することで、徐々に薄毛を解消することができるのです。

 

 

 

ミノキシジルタブレットと心臓の関係

発毛には確実な効果があることが実証されていますが、もともとは発毛剤として開発された薬ではありません。

 

アメリカにおいて血管拡張作用があるとされ、降圧剤の内服薬として開発されました。

 

しかし、ミノキシジルを飲んでいた患者さんが毛髪や体毛が濃くなっているという調査結果をもとにして、発毛剤として使用できないかと研究されたのです。

 

1980年代にロゲインという名前でファイザー製薬から薄毛の治療薬として発売されました。

 

ロゲインは内服薬ではなく、外用薬として開発されました。

 

その後に内服薬としてロテニンが開発され、ロテニンのジェネリック薬品がミノキシジルタブレットとして知られています。

 

しかし内服薬ですので副作用も注意する必要があります。

 

具体的には血圧を下げ、心臓の働きに悪影響を与えてしまう可能性があります。

 

また、狭心症発作や動悸、息切れなどが報告されています。

 

なぜそのような副作用が生じるのでしょうか。

 

ミノキシジルタブレットは、主に動脈に対して血管拡張の働きをします。

 

しかし静脈には作用しない特徴があります。

 

心臓から送り出された血液は動脈を通って静脈、そして再度心臓へと戻ってくる流れができています。

 

静脈の血管は拡張され血液量が増えますが、静脈では拡張されていないため、血液が一気に心臓まで流れることになります。

 

そのため大量の血液をまた体内へと送り出す必要があります。

 

通常よりも早く心臓が動くことになり、普通以上の酸素が必要とされます。

 

しかし動脈から供給される酸素量では不足してしまうので、狭心症や動悸などの副作用が発生してしまうのです。

 

さらに服薬することで、血圧は一気に下がりますが、脳はこれまでと同じ血圧を維持しようとします。

 

そのため、反射的に脳は交感神経を働かせ血圧を上げようとします。

 

そうすると心拍出量が増え、この状態が長期間続くと心肥大や最悪の場合には心不全にもなりかねません。

 

その他にも、めまいや頭痛、むくみ、全身の体毛が濃くなるなどの副作用があることも服用前に知っておく必要があります。

 

 

 

こんな人は要注意

・心臓の弱い人

ミノキシジルタブレットを服用した結果、重篤な状態になったという方は多い訳ではありませんが、リスクが伴うため心臓の弱い人や通常時も血圧が低い人などは服用に注意が必要です。

 

血管を拡張させる効果があるため、発毛剤や育毛剤の効果が顕著にみられるようになりましたが、血液の流れが通用よりも活発になり心拍数があがります。

 

もし服用後に心臓の鼓動が激しくなるのを感じる場合や、息切れなどを感じるようになった場合はすぐに使用を中止する必要があります。

 

もし服用を続けてしまうと、不整脈や心筋梗塞、心不全など死に至りかねない事態が生じてしまいます。

 

もし、現段階で心臓に関わる疾患を持っているならば、ミノキシジルタブレットは使用しないことをおすすめします。

 

 

 

・血圧の低い方

また、低血圧の方が服用する際にも十分注意が必要です。

 

降圧剤であるため、服用すると血圧は必ず下がります。

 

通常血圧が低い方であれば、さらに低血圧になり頭痛やめまい、吐き気、冷え症などを引き起こしてしまう危険があります。

 

ミノキシジルは血液をサラサラにする効果や血流を良くする薬ではなく、血管を拡張させる効果のある薬です。

 

そのため、低血圧の方がさらに血管を拡げてしまうとさらに圧力が低下し血流が悪くなってしまいます。

 

十分な量の血液が脳に供給することができないために、頭痛やめまいが生じるのです。

 

加えて高血圧の方でも、既に病院で処方されている高血圧の薬を服用している場合には注意が必要です。

 

それらの薬を一緒に服用してしまうと、必要以上に血圧を下げてしまう恐れが生じるからです。

 

 

服用量を守る

このような副作用がありますが、服用量に関する正しい知識をもっていれば必要以上に服用を躊躇する必要もありません。

 

一般的には含有量が2.5mg、5mg、10mgのタブレットが販売されています。

 

成人男性であれば、1日の服用量は5mgにとどめるのが基本とされています。

 

これから服用し始めるという方の場合には、まず2.5mgを1日1回飲むことがすすめられています。

 

もちろん年齢や症状などに合わせて飲み方や服用量を変えることはできます。

 

しかし発毛を目的として服用する場合には、1日に10mgを超えないように気を付ける必要があります。

 

効果が目に見えてくると含有量をさらに増やしてみたいと思うかもしれませんが、量を増やしても効果が高まるということは保証されていません。

 

むしろ体に負担をかけずに継続して服用することで効果を出すことができます。

 

 

副作用も少なからずありますが、健康な方が正しい摂取量を守って服用するならば問題はありません。

 

発毛、育毛剤のなかではかなりの効果を期待することができる医薬品であることには間違いありません。

 

しかし、まずは他の方法から試してみてください。

 

どうしても他の発毛方法は自分には効果がないと感じるならば、ミノキシジルタブレットを服用するといいでしょう。

 

ネット通販などで簡単に購入することもできますが、開始時には医師と相談してからの服用が最善とされています。