タンパク質が髪の毛に必要な理由

髪の毛に必要なことを考えるべき

1.冒頭文
健康で綺麗な髪の毛に必要なものは一体何でしょうか。

 

抜け毛や薄毛でお悩みの方であれば、育毛剤や育毛シャンプーなどで頭皮を健康な状態に保つ努力をされているかもしれません。

 

ストレスが頭皮や髪の毛にも悪影響があるので、十分な睡眠時間を取って、ストレス解消のために運動などを取り入れている方もいるかもしれません。

 

どれも健康な髪の毛を維持するためには大切なポイントです。

 

しかし外側から頭皮や髪の毛にアプローチするだけではなく、体の内側からしっかりとアプローチすることも非常に大切です。

 

つまり髪の毛に必要とする栄養素を十分に含む食事を心がけることになります。

 

髪の毛に必要な栄養素には、ビタミンBや亜鉛があります。

 

わかめなどの海藻類にはビタミンB郡が豊富に含まれるため育毛効果があるといわれています。

 

そしてこれらに加えて大切な栄養素にタンパク質があります。

 

ダイエットをすると炭水化物やタンパク質が不足気味になる傾向がありますが、それは髪の毛にはダメージを与えることになります。

 

髪の毛の約90%程度はケラチンというタンパク質から構成されています。

 

そのため、タンパク質を豊富に含む食事をとることで、健康で綺麗な髪の毛を育てることが可能になります。

 

高価な育毛剤や医療品を使用してもこうした栄養素が不足していては、髪の毛は生えてこないのです。

 

 

 

2.タンパク質とは?
髪の毛だけではなく、筋肉や皮膚、臓器、血液、細胞など、人体のなかではあらゆる部分がタンパク質で構成されているため、人間はタンパク質なしで生きていくことはできません。

 

体内に取り入れたタンパク質は優先順位の高い順番に消費されていきます。

 

生命維持には重要な部分ではない髪の毛は優先順位が低く、気を付けないとすぐに不足する傾向にあります。

 

偏食傾向がある方、インスタント食品を食べることが多い方などは食生活のバランスを見直してみることが必要かもしれません。

 

髪が栄養不足になっている可能性があります。

 

 

 

2種類のタンパク質
大きく分けると、動物性タンパク質と植物性タンパク質があることはご存じでしょうか。

 

これら2種類はどのような効果があるのでしょうか。

 

 

 

・動物性タンパク質とは?
動物性タンパク質は主に肉や魚、卵、牛乳やチーズなどの乳製品から摂取することができます。

 

アミノ酸を豊富に含み、体の吸収力を高める効果があります。

 

体の肉をつくるためにはこの動物性タンパク質を必要としています。

 

しかし脂肪になりやすいため、必要以上に摂取してしまうと内臓や血管に負担がかかり、スムーズな血流が維持できなくなります。

 

頭皮や毛母細胞などに必要な栄養素は血液が運ぶため、血流が悪くなると健康な髪を維持することができなくなってしまいます。

 

1日に必要とされる摂取量をオーバーしないように気を付けましょう。

 

 

 

・植物性タンパク質とは?

では植物性タンパク質にはどのような効果があるのでしょうか。

 

豆腐や大豆、納豆などの豆類に豊富に含まれています。

 

動物性タンパク質に比べると、吸収力はそれほど高くはありませんが、コレステロール値を下げる効果があるため血流を良くするためには非常に優れている栄養素といえます。

 

また大豆に多く含まれるイソフラボンには、薄毛を予防する効果があり注目されています。

 

体のことを考えると2種類の栄養素をバランスよく摂取することが大切ですが、できるだけ植物性タンパク質を中心にした食生活を維持することが髪の毛の成長には必要不可欠といえます。

 

 

 

しかし、単に2つのタンパク質を取れば良いという訳ではありません。

 

体や髪の毛はそのままの状態で栄養素を吸収することはできません。

 

一旦、アミノ酸に分解され、その後に体や髪の毛に吸収されていきます。

 

そして分解や吸収を促進するその他の栄養素を一緒に取り入れることで、効率よく髪の毛にも栄養素を供給することができます。

 

その中には亜鉛やビタミン群があげられます。

 

亜鉛は吸収の活性化だけではなく、毛母細胞にも刺激を与え活性化を促す効果があるとされています。

 

またビタミンCは頭皮環境を改善し正常化することに役立ちます。

 

ビタミンEは血行を良くし、髪を成長させるために不可欠な栄養素です。

 

亜鉛、ビタミンC、ビタミンEなどを豊富に含む食事を毎日取ることができれば理想的ですが、現実的には難しいです。

 

そこで、食生活だけでは補えない栄養素はサプリメントなどを活用することもできます。

 

効率的に髪の毛に栄養素を供給することができ、太くて健康的な髪の毛を維持することができます。

 

若い時から心がけた食生活をするなら、年を重ねてからも薄毛や抜け毛で頭を悩ませることを減らせるかもしれません。

 

 

1日に必要な摂取量

では1日にどれくらいのタンパク質を摂取する必要があるのでしょうか。

 

よく言われる1日の摂取量は「体重1キロに対して1グラム」という割合です。

 

60キロであれば60グラム、80キロであれば80グラムです。

 

もし薄毛や抜け毛をひどく感じている場合は、少し多めに摂取しておくことがすすめられています。

 

しかし先に述べたように、動物性タンパク質か植物性タンパク質を摂取するかで吸収率やコレステロールなどは変化してきます。

 

どうしても肉や魚などが中心の食事になってしまうかもしれませんが、大豆加工品を1品加えることで効果的に植物性タンパク質も摂取していくことができます。

 

たとえば、食事の時に冷奴や納豆を一緒におかずとして食べることができます。

 

特別な調理が必要な訳ではありませんので、簡単に用意することができます。

 

もし食事として摂取することが難しいのであれば、豆乳を飲む方法もあります。

 

最近は成分調整されたものも販売されているので、美味しく飲むことができます。

 

タンパク質が必要な理由
健康な髪の毛を維持するのは簡単な事ではないかもしれません。

 

しかし、食生活を見直すことから簡単に始めることはできます。

 

そしてそれが効果的な方法といえます。

 

若い時はそれほど髪の毛の悩みもなく、好きなものを好きなだけ食べても問題ないかもしれませんが、体の見えない部分では既に変化が生じているかもしれません。

 

年を重ねるごとに徐々に若い時の食生活の影響は見えてくるものです。

 

50代や60代になっても健康で綺麗な髪の毛を維持したいならば、若い時から心がけておくことが大切です。