フィナステリドとミノキシジルの副作用

それぞれの使い分けが重要です。

日本だけでなく、世界的にも評価が高い毛生え薬のフィンペシアとミノタブ。今までは塗り薬を服用していた人も、新しく乗り換えることで、効果を感じている人が多い反面、どうしても効果率が高いと副作用も出てくるのも正直なところです。

 

例えば、フィンペシアの成分であるフィナステリドは頭皮や睾丸に存在しる5αリダクターゼを抑制するために、どうしても性欲が低下したり、勃起不全が起こりやすくなります。私も服用をしてから、多少の性欲の低下を感じたりしているのですが、しかし、薄毛と性欲の低下を考えると、私としては薄毛の予防に専念をしたほうがいいと思い、計測して使ております。

 

どうしても、薬を服用するときに、最初は体に多少の抵抗があるために、副作用が起こりやすくなる、そのために、使い始めてから半年から一年ほどで性欲も回復しているような気がします。ここら辺は個人差によって異なるとは思いますが。

 

実際のデータでは、フィナステリドによる副作用は約5%の人に発症するとのこと。そのために、性欲減退や、勃起不全を恐れる人は服用をやめたほうがいいと思います。

 

それからもう一つがミノタブです。塗るタイプのロゲインやリアップはそこまで副作用の心配はないと思いますが、内服薬はどうしても効果とともに副作用が起こりやすいために少し注意が必要です。降圧剤特有の心臓の不整脈などがどうしても起こりやすくなるそうです。血管を拡張し、血の流れをスムーズにするために、何かしらの副作用がどうしても起こってしまいます。

 

そのために、まずはミノタブを1日に5mgと少なめから初めて、どれくらいの容量が効果的なのか?副作用は低いのか?試していくのがオススメだと思います。