効果だけでなく副作用が起こることを理解して服用すること

副作用に男性の性欲減退

フィンペシアの主要成分であるフィナステリドは、男性ホルモンの一種であるテストステロンを抑制することで、抜け毛を抑えてくれます。

 

AGAの原因として、テストステロンの量が過剰に増えることで、頭皮に存在している酵素と結合することが問題。そこで、フィナステリドが、テストステロンを抑えてくれるために、酵素の一種である5αリダクターゼ2型との結合を減少するために、AGAを予防し、抜け毛を減らしてくれます。

 

しかし、ここで問題になるのが副作用として「精力減退、勃起不全、射精障害、精子減少」など、男として悩ましげなことが起こりやすくなります。

 

どうしても、フィナステリドの効果としては精巣部分を抑制する作用があるために、テストステロンの量が減ります。ただ、精巣の活動が減るために、どうしても精力減退や勃起不全などが、どうしても起こりやすくなる。

 

 

アメリカの臨床試験によると、副作用を体感した人は約4%と言われています。
あくまでも、初期段階に副作用が起こりやすいと言われていますが、継続しても同じような副作用が起こるケースも有るために、抜け毛の予防だけでなく、副作用も起こることを十分に予測しながら使うこと。

 

それから、妊娠中の女性がプロペシアやフィンペシアを服用することで奇形児が生まれる確率が高いということがわかっているたに、女性が服用することは禁止されています。