ミノキシジル配合のロゲインとリアップについて

ミノキシジルとは?

抜け毛と発毛効果をもとめるためにフィナステリドとミノキシジル配合の育毛剤を併用して妻います。

 

ミノキシジルは、フィナステリドに先立つ1970年台にアメリカで高血圧症の患者さんに血圧を下げる薬として開発された医薬品です。

 

実際に、高血圧の患者が服用していると、血圧を下げる効果とともに、全身の発毛効果が見られたために、想定外の副作用が起こり、発毛薬として改めて開発されました。

 

その時に利用されていたのがミノタブになりますが、アメリカのFDAの許可を得たのは頭皮に塗るタイプの外用薬で、商品名はロゲインになります。

 

ミノタブの場合は、ミノキシジル5%と10%が配合していますが、ロゲインの場合は5mg配合。効果としてはミノタブのほうが断然に強いのですが、副作用の発症率が高いために、外用薬のロゲインが開発されたと言われています。

 

日本では厚生労働省の許可を得て1999年からリアップとして発売されるようになりました。リアップはロゲインと同じミノキシジル5%配合です。

 

どうしてミノキシジルを使うことで、発毛効果が現れるのかというと、これは各巻の拡張作用があるからです。血流を活発になれば、その分、血液に含まれている栄養分、酸素、水分を髪の毛に伝えることができるため、ヘアサイクルを正常化し、発毛効果が期待できるわけですね。